西宮市南越木岩町の内科、胃腸内科、肛門外科、外科 だんクリニック


メニュー
内視鏡検査
内視鏡検査

当院の内視鏡の特徴

当院では最先端のレーザー光源搭載の新世代内視鏡システムを導入しています。
レーザー制御技術と、画像処理技術を組み合わせることで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、従来の内視鏡に比べ一段と視認性向上を実現しております。このため、がんなどの病変部より早期の発見がさらに可能となりました。

次世代内視鏡システム 白色光用観察レーザー・狭帯域光観察用レーザー

白色光観察

レーザー光源を採用することにより、白色光観察においてシャープで立体感のある、明るい画像を追求しました。なお、色調は、従来のキセノン光源と同等です。

白色光観察・胃

白色光観察・大腸

大腸

レーザー内視鏡技術

レーザー内視鏡技術

BLI-bright観察

BLI-bright観察では、白色光観察とBLI観察のバランスをとり、狭帯域光観察としては遠景でも明るい画像を実現しました。中遠景から接近・拡大まで、幅広い観察をサポートします。

BLI-bright観察・食道

食道

BLI-bright観察・大腸

大腸

BLI観察

BLI用のレーザーの比率を増やす事で、表層血管や表面構造がシャープに見える画像を追求しました。
BLI画像では近接・拡大観察をサポートします。

BLI観察・食道

食道

BLI観察・食道

食道

当院の内視鏡検査について

苦痛のない検査

苦痛のない検査

  • 当院では、麻酔を使用して眠っている間に検査をしていただくことが可能です。
    (患者さまそれぞれにあった量の軽い鎮静剤を検査前に注射します)
  • 「楽で、苦痛のない内視鏡検査」にこだわって検査しております。
  • 何かと忙しい患者さまの時間的負担や症状などを考慮して、必要に応じて胃内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を同日に続けて受けていただくことも可能です。

※大腸内視鏡検査は検査前に下剤を飲んで頂き、腸の中の便を出して空っぽの状態にしてからの検査になります。
※検査前までに一度診察に来て頂き、下剤のお渡しおよび食事制限のご説明を致します。
※当日来院での胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けて頂くことはできませんので、一度検査前に診察にお越しください。

症状がひどい方は胃カメラは絶食の状態で来院頂ければ、当日することも可能です。

安全な検査

安全な検査

当院では、しっかりとした感染対策として自動洗浄機による内視鏡洗浄を行っています。
内視鏡検査1例ごとに完全洗浄を行っています。
自動洗浄消毒装置での高レベル消毒により、ウイルスや細菌による感染を防止しています。

内視鏡検査の費用の目安(3割のご負担の場合)

  • 生検の個数や薬剤により、多少の誤差があります。
  • 内視鏡検査前に事前に感染症等の採血が必要な場合があります。
胃内視鏡検査 約5,000円~約9,000円
ピロリ呼気検査 約2,000円
大腸内視鏡検査 約7,000円~約12,000円
病理組織検査を行った場合は別途追加料金がかかります。

大腸内視鏡検査時に、ポリープ切除した場合は手術扱いになりますので
約22,000~約28,000円になります。
(ポリープの大きさや個数によって異なります。)

関連リンク